about portsidelaboratory

portsidelaboratoryってなん?

OLC : 8Q4GQ652 + 68

1/6

portsidelaboratory@iwasa_hiroaki@psl.noricoの2人でデザイン、生産を行なっている「nancoi」とセレクトした服飾雑貨、Nikeのウェアとスニーカーが買えて、コーヒーも飲めるお店です。築 190年を超える漁師の網元の家を改装しました。お店といって毎日オープンしているわけではありません。基本的には顧客さん向けの完全招待制のショップです。顧客さん向け以外のオープンは年に二日ほど、春と秋を目処に解放オープンしています。

 

​長崎県の雲仙市という町の小さな小さな漁村という立地に当店はあります。ローカルなんて言葉が虚しくなるくらい超ローカル。おそらく30年後には町自体が無くなっています(総務省もそう言ってます。)建物の6割は空き家で視界に入るのは海と山と猫と蟹とゲートボールをしている数人の老人。そんな場所です。

当店にはいくつか決まりごとがあります。

雨の日は絶対にオープンしません。

駐車場はありません。

看板も勿論ありません。

現金はお断りです。

騒ぐ子供も勿論お断りです。

 

それらには理由があります。

「誰でも入れるお店は、もう新しくないのではないか?」

「ショップがお客さんを選んでもいいのではないか?」

「そもそもオープンしたい時だけオープンすればいいのではないか?」

​自分がお店をやろうと決めた時にこういった疑問がいくつも出てきて、まずはこの疑問から逃げずに形にしてみようと決心しました。だから当店には色々な制約があります。

「そんなんでやっていける訳が無い」

「すぐ潰れる」

「商売をナメてる」

と外野は色々言ってきましたが、外野とはそーゆーもの。

寧ろ外野が文句を言ってこないお店はもう新しくない。外野が騒ぐお店を作れたことが一つの自分自身への評価でもあります。2015年のオープン以降、それらのスタイルを変えずに続けています。

お店でもあり自分自身が思っている疑問を解決するための方法を試す実験室でもあります。この実験室は研究や実験で得た結果をお客さんとシェアするための場所です。

この場所が少しでもあなたの研究のお役に立てれば幸いです。